ブログ  メール

ネタバレレビュー

2013/07/01
Written by madoka

※セリフやイベント等のネタバレが含まれますので、読まれる際は注意して下さい。

ストーリー

人間と人間とは異なる半綺と呼ばれる種族が共存している都市グラズヘイム。

そこでは、平凡な日常生活の影に隠れて人間と半綺との静かな戦いが日々繰り広げられていた …… 。


主人公はそんな土地で暮らす普通の女の子だが、実の父親はその土地で権力を持っている組織の1つフライコールのトップだった。

そんな事実を一切知らず平凡な毎日を送っていた主人公はある日、いつものように学校から帰宅すると家の中が荒らされていて、母親の姿が見当たらない。

呆然とする主人公をさらおうとする男達。

間一髪のところで突然現れた美形の双子、黎明と司狼に助けられる。

2人は主人公の父親から、自分の亡き後「娘を守って欲しい」と遺言を受け、迎えに来たところだった。


そして黎明から「フライコール」のトップになって欲しいと頼まれる。

突然の出来事に現実を受け入れることが出来るはずもない。

だが、自分と母親の襲撃事件の原因が組織同士の抗争によるものだと知り、母親を取り戻すまでは二人のもとで暮らすことを決意するのだが …… 。

果たして、連れ去られた母親を無事に救出できるのか?連れ去った敵組織NEDEの目的とは?

 


全体感想


ゲームの詳細

せっかく素敵な声優さんなのにシステムが最悪なゲームでした(T△T)

フリーズしたり、既読文が既読扱いになっていなくて上手くスキップ出来ない、ボタンを押した後のレスポンスが悪過ぎるなどなど …… 内容以前の問題です。

正直、このCVじゃ無かったら を付けたくないレベルでした(T△T) 本気で残念です(T^T)

主人公が無鉄砲過ぎなところは微妙でしたが、話自体は面白かったので、システムの点を抜きにすれば 3か3.5は付けたと思います。


上記説明でも分かる通りラノベっぽい内容で、選択肢はかなり少なめ。ですがプレイ時間は掛かると思います。

どのルートでもいつの間にか主人公は攻略キャラに好かれて、主人公を守るという展開になっていきます。

主人公が色々なキャラに優しくされる展開が好きな方や、攻略が楽な方が好みの方にはいいと思います。


ただ、このゲームの主人公は、他の人の忠告を聞かず無鉄砲な所があり、主人公や攻略対象キャラが死んでしまいます。

血だらけシーンが多いので、そういうのが駄目な方はプレイしない方がいいと思います。


ホントに辛口な事ばかり言っていますが、PSP版で追加されたParallel Storyはかなり良かったですよ(≧ω≦)

これぞ「妄想」って感じで、素晴らしいコスプレ大会でした(笑) 特に NEDE の皆さん最高です!!!

日野さん、石田さん、浪川さんファンの方には絶対に見て欲しいParallel Storyなので、システム面が気にならず、ラノベ風の内容がお好きであればプレイして欲しい作品です!

システム面が普通だったらもっと楽しめたのに …… と悔やまれます。

 


黎明( CV : 中村悠一 )


キャラクター

黎明は司狼の双子の弟。主人公の父に仕えており、ヒロインを護衛することになります。

礼儀正しく実直で真面目な性格ですが、慇懃無礼で融通がきかないところがあり、周囲の反感を買うことも。

組織を第一としていて自分の命よりも組織の意向、あるいは主人公の安全を優先します。


感想

可愛い!!! 何これ(≧∇≦)中村悠一さんにしては珍しく可愛いタイプですよ!!!パジャマ姿最高(≧ω≦)

そしてどのルートでも基本的に小姑です(笑) 敵に回すと大変そう(T△T)

黎明編はネタバレ的に渉くんの次に攻略するのをオススメします。


黎明編は元NEDEの構成員だった司狼と黎明がなぜフライコールという組織に属するようになったのか?

2人の事をなぜNEDEが取り戻そうとしているかが分かる内容になっています。

黎明は主人公を死なせたくないので、常にナイト状態で何があっても主人公を守ってくれます!

組織の事以外はかなりの天然で、料理が上手く真面目で可愛いキャラですよ(≧∇≦)


とにかく真面目なキャラなので本編ではあまり甘さはありませんでしたが、その分After Storyの甘々なシーンでは黎明の動揺っぷりが凄いので、プレイしているこっちが恥ずかしくなる程でした(〃∇〃)

俺様系ではない優しいタイプの中村悠一さんが好きな方はキャーキャー出来ると思いますよ!


  • オススメのセリフ

…… では、僕も誓うことにします。あなたや司狼と共に、ここに戻って来ると。

…… ○○。あなたを守る役目を、司狼だけではなく僕にも ……… 。え、いえ ――― 何でもありません!

 


司狼( CV : 日野聡 )


キャラクター

司狼は黎明の双子の兄。黎明と同じく主人公の父に恩はありますが、黎明ほど組織に仕えているわけではありません。

性格は双子である黎明と正反対で、マイペースで明るいムードメーカー。

軽口が多く常に飄々としてとらえどころがなく、根は面倒見が良く考え方が柔軟で頼れる存在。

女の子は弱いもの・守るべきものだと思っている節があり、女の子には非常に優しい。


感想

何かもう …… 鼻血出そうな程、日野さんの囁きがヤバいです(//∇//(//∇//(//∇//) 何なのこれ!!!

好感度を確認する度にキャーキャーしちゃいます(〃∇〃)  黎明と司狼なら断然司狼派です!!!(♡∀♡)

司狼編はネタバレ的に黎明の次に攻略するのをオススメします。


こんなにキャーキャー言っておいてあれなんですが、司狼編はかなりシリアス一直線です。

要約すると、司狼は黎明に劣等感を持っていて、自分は DEHAB の出来損ないだと思っています。

DEHAB というのはプレイしたら分かります。

とにかく司狼は常に黎明と自分を比べていて、それがメインの内容になっています。

甘さはあまりないので注意して下さいね。


実は私が一番グッっときたのは本編ではなく After Story の「 …… サンキュ」で、ある意味一番オススメのセリフです!

その後の黎明の不埒発言といい、本編はシリアスな分、最後は幸せでホントに良かったです!!!

日野さんファンでまだプレイしていない方は絶対にプレイして欲しいオススメのキャラクターです!


  • オススメのセリフ

…… 頼む。先に戻っててくれ、○○。

ああ、大丈夫だって。何度も言ったろ?俺は―――。そう。絶対に、お前を悲しませたりしねえって。

だから ――― 信じて待っててくれ。

 


渉( CV : 鈴村健一 )


キャラクター

渉は秀真機関構成員見習いの少年。

元NEDEの構成員で扱いの酷さから脱走し、凜に拾われました。そのため凜を『兄貴』と呼び慕っています。

『男の生き様』『硬派』など男というのは女相手にデレデレしたりせず、硬派に生きて背中で語るものという美学を持っていて、そのせいか女性に対しての免疫はほぼなし。

人との混血を繰り返した末裔で、ほとんど人間と変わらないため戦闘能力は通常の半綺よりも数段劣っている。


感想

何故か渉くんより凛の方が男らしいと思うのは私だけでしょうか(笑)

でも渉くん健気で可愛いです(≧∇≦) 司狼じゃないですが、恋愛初心者同士って感じでいいですね!

渉編はネタバレ的に一番最初に攻略するのをオススメします。


渉くんは半綺としては落ちこぼれで、でも人間として生きるには虹彩の形が半綺なので人間としても扱われない。

そんな葛藤がメインの内容です。

凛の命令で主人公を守るようになるのですが、結局武骸を持たない渉くんはNEDEのカブラカンに大怪我をさせられてしまいます。


渉くんはかなり素直じゃない感じなんですが、凛に怒られながら主人公と一緒に成長していく感じです!

頼りないと思われていたけど最後はちゃんと男らしくなるし、After Story はフライコールチームが大集合だし、ネタバレ的にはあまり重要じゃないかもしれませんが、意地を張っちゃう男の子って感じで可愛かったです!

可愛い感じの鈴村さんがお好きな方で、ギャグっぽいのが大丈夫なら楽しめると思いますよ!


  • オススメのセリフ

って好き合ってんのに名字で呼ぶのっておかしーよな?でも、何て呼べばいーんだ?

やっぱ …… ○○ …… ?あぁああっ!!悪い、今の忘れてくれ!オレ、いくら何でも浮かれ過ぎだ!死ね、10秒前のオレ!

 


久神夾( CV : 石田彰 )


キャラクター

久神夾はヒロインの通う学校に保健医として赴任して来た、何事にも動じない落ち着きのある理知的な先生。

他人どころか自分のことすら徹底的に興味がなく、学校では美形の保健医として女生徒達に人気があります。


感想

久神先生「む …… 」って(≧m≦)プッ!某弓道部副部長ですか!!!その時も石田さん保健医ですが(笑)

私はこういうクールで腹黒な石田さんキャラが大好きなので、それだけでもうお腹いっぱいです(≧∇≦)

そして先生死にすぎ(ノД`;) ほとんどのキャラの時に死んじゃうので、石田ファンの私は辛かった(T△T)

あ、久神編はネタバレ的に司狼の次に攻略するのがいいと思います。


久神編はただの保健医ではなく、実はNEDE幹部のハルファスだったという内容です。

そりゃそうですよね。公式HPのサンプルボイスでプレイ前から普通に分かっていましたし。

てか、普通に考えて石田さんがただの保健医なはずないじゃないですか!


内容はハルファスが久神夾として主人公に近付き、フライコールの情報を入手するという王道パターンで

主人公と接しているうちに、どんどん主人公に惹かれていく …… という設定です。


実は一番ビックリしたのが、After Story のあの展開。

プレイして確認して欲しいんですが時代を反映していますね。

乙女ゲーでもこういう流れですか …… 。すっかりオバさんになってしまった気分です(笑)

以下のオススメセリフは切なくて王道なイベントだったので、石田ファンならキュンときますよ(≧∇≦)


  • オススメのセリフ

君が何時間ここで待ち続けようと …… どれだけ胸を痛めようと、放っておくつもりだった。

それなのに、なぜこうしてここに来てしまっているのか …… 自分で自分が分からない。

 


カイン( CV : 浪川大輔 )


キャラクター

カインは主人公が危ないところを助けてくれた大学生。

近くの学校に通う大学生として主人公に近付きますが、その正体はNEDEの構成員です。

組織に忠誠を誓っているわけではなく、NEDEの非道なやり方や人体実験についてはどちらかというと否定的です。

司狼とは違ったフェミニスト系のプレイボーイで、陽気で人懐っこく誰とでもすぐ仲良くなれるタイプ。

女性の扱いに慣れていて優しく紳士的。しかし本来の顔は攻撃的で毒舌なサディスト。


感想

来た!来た! カイン素敵過ぎ(≧∇≦) 私の大大大好きな美形で好きな子をからかうタイプです!!!

そう言えば浪川さんってアニメではSっぽい感じのキャラもありますが、ウチのサイトではこういうタイプいたっけ?

年下の可愛い系が多いですが …… う〜ん。スタスカ後夏位かなぁ。

いつもこういうタイプだと私は大興奮なのに(笑)

カイン編はネタバレ的に久神先生の次(ジンの前)に攻略するのをオススメします。


上記説明通りカインは大学生のフリして主人公に近付きますが、ちゃんと理由があってNEDEに所属しているんです。

展開的には久神先生と同じ流れで、会っているうちにどんどん好きになっていきます。

カインがNEDEに所属している理由がメインというか、After Story までその内容が関わっているので、あえてここでは書くのを止める事にしますね。

ここでバラすとあまりにつまらないと思うので。


公式HPには「攻撃的で毒舌なサディスト」と書いてありましたが、あまりそんな感じはしませんでした。

むしろあるキャラの方がよっぽどヤバい感じなので、カイン編は全然問題無くプレイする事が出来ました!

甘い囁きばかりなので、浪川さんファンは大喜びではないでしょうか?(≧∇≦)

「baby girl」万歳!


  • オススメのセリフ

どうしてかな? …… キミなんて「NEDE」に嫌がらせする為の道具でしかなかったハズなのにね。

今は、それよりも …… キミを危険な目に遭わせたくないって気持ちの方が強いんだ。

 


ジン( CV : 森川智之 )


キャラクター

ジンはフライコールと敵対している組織NEDEのボスです。

まとまりのないNEDE幹部を筆頭に組織を纏め上げる類い希なるカリスマ性と実力の持ち主。

普段は寡黙で必要以上は喋らず、過去の出来事から人間に対して憎悪を抱いています。


感想

ハルファス〜〜〜(T△T) 私的に森川さんと石田さんの組み合わせって、ある意味最強なんですよ(≧∇≦)

ボスのことを最後に助けるハルファス最高です(≧∇≦) ジンももちろん素敵ですよ!!!(♡∀♡)

ジン編はものすご〜〜〜くネタバレなので、最後に攻略するのがいいと思います。


ジン編は主人公の秘密とかエン=ソフ(NEDEの幹部)の謎とか一気に色々分かる内容です。

そして半綺じゃなくて人間のジンがなぜNEDEのボスをしているのか?も分かります。

なので攻略条件は1人でもクリアすればいいようになっていますが、最後にプレイした方がより楽しめると思います。


実は主人公の初恋の相手がジンなんですが、ジンは昔出会った少女と主人公が同一人物だと気付いていません。

内容は短いかもしれませんが、何気ないジンの優しさがとっても素敵でした(〃∇〃)

本編で甘さは控え目かもしれませんが、Parallel Storyのジン & ハルファスはいい味出してますよ(笑)


  • オススメのセリフ

感謝など、求めてはおらん。人間共がどれだけ死のうが、心痛を覚えたりもせん。

ただ …… 。我は ――― ただ1人、たった1人の少女を救う為に剣を取るまでだ。

 


Amazon 関連商品

 



 

当サイト内で記載されている会社名・製品名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断り致します。

Copyright © 2011 - 乙女ゲーム攻略.com All Rights Reserved.