ブログ    YouTube   頂き物

ネタバレレビュー

Written by madoka

※セリフやイベント等のネタバレが含まれますので、読まれる際はご注意下さい。


全体感想

テニスマンガなのに、ミニゲームしかテニスをしないゲームです(笑)

基本的な内容は全キャラ共通なので、一番最初に手塚を攻略する事をオススメします。


甘さは全体的に控えめで、前作の『学園祭の王子様』の方が糖度が高い印象があります。

テニプリが好きな方、好きなキャラがいる方、好きな声優さんがいる方にオススメですが、乙女ゲーとしての評価で言うと低めになってしまいます。


越前リョーマ(CV:皆川純子)

リョーマ最高!

可愛いけどカッコよくないですか?

デートもホントのデートぽくって、ドキドキしてしまいました 。

告白の時の質問の仕方も素敵だし、さすが主役は違いますね。


そして、極めつけはアレですよ!

「どう?」って!

ああ、恥ずかしい 。

不覚にも中一相手にドキドキしてしまいました。

基本的に年下キャラは苦手な傾向にあるのですが、リョーマはそんな私でもドキドキ出来る外れないキャラです!


手塚国光(CV:置鮎龍太郎)

今回の手塚はちょっと変です。

だってあのラストの甘々っぷりはおかしいでしょ!

あの手塚からあんなセリフが聞けるとは、意外でした。


ですが、告白の時は、学プリの時とは違ってハッキリ言わなかったのが残念です。

あと、終始手塚が『無理はしてないか?』って心配していたのが、不思議でした。

やはり騙してるって負い目があるからでしょうか?

心配しすぎの手塚がちょっと可愛かったです。


そして手塚編は、他の人をクリアしてからやると手塚のセリフの一つ一つがウソっぽいというか色々裏を考えてしまうので、とっても残念でした。

やはり何種類かルートを作って欲しかったです。


大石秀一郎(CV:近藤孝行)

大石最高!

いやぁ、普通に大石はいい人で素敵です。

「女の子ってさ、真面目な男ってどう思うのかな?」って、分かり易過ぎ(笑)

この辺りが大石の魅力なのかもしれません。

主人公も「やっぱり真面目で優しい人って …… 素敵です」って!

告白前から告白しているようなもんだよ。


EDでも 「今日は記念の日だし …… その …… 」 なんて。

近藤さんにそんなセリフを言われた日にはイチコロです!

大石最高でした。


不二周助(CV:甲斐田ゆき)

くぅ〜〜!

やはり不二最高です!!

さすがラストにUPしただけあります!

マジ素敵です!


正直、どのセリフを抜粋していいか分からない位、ヤラれました。

だって、サラっと恥ずかしいセリフを言ったり、からかったりするから …… 。

ああ、やはり私は不二が一番好きだと思い知らされました。


そして、極めつけはEDですよ!

私、ヘッドホンしてプレイしていたんですけど、鼻血が出そうになりました(笑)

あの囁きは反則的にヤバいです。

甲斐田さん素敵過ぎます!!

女性の方なのに、何であんな素敵な声が出せるんですかね?

ああ、素敵でした。


菊丸英二(CV:高橋広樹)

菊丸は予想より良かったです(失礼)

EDの呼び捨ては予想してませんでした。やられたよ!

前作がちゃん付けだっただけに。

スチルも9枚と枚数大目だし。

乾なんて3枚だったのに。


ちょっと拗ねたり怒った菊丸が可愛くて仕方がありませんでした。

前は全然そう思わなかったのに …… 。

なぜかしら?

とにかく菊丸が今までの作品で一番可愛く見えました!


乾貞治(CV:津田健次郎)

あの乾がEDではバカップルに!

「キミと …… 腕を組んでもいいだろうか?」発言にはビックリしました。


個人的には学プリの乾の方が良かったかなぁ。

今回も柳が大活躍で、学プリを思い出しちゃう自分がいました。

ちょっと残念です。


内容は相変わらず知識多めになっているので糖度は低めなのですが、乾の優しさや博学さは魅力的です。

津田さんの声はいい声だし、年々乾の好き度が上がっているような気がします。


河村隆(CV:川本成)

個人的に今までの数々のテニプリ作品の中で一番タカさんのいい所が出ていたと思います。

サバイバルという設定なので、力持ちで優しいというのはホントに頼りになります。

料理も上手いし、ホントにタカさんステキに見えました。

ぶっちゃけテニスやってる時よりいい感じでした。


恋人だとちょっとドキドキ感が足りないかもしれませんが、結婚したら絶対幸せにしてくれそうですよね。

あ、今回のEDはいつもの嫁入りじゃなかったのでビックリしました。


桃城武(CV:小野坂昌也)

いやぁ、同い年っていいね!

KW 桃城の好み の会話なんて普通に何ていうか …… 好きです!!

何だかほのぼの?っていうんでしょうか?

フランクな感じがいいんですよね。


あと意識イベントでは普通にドキドキしました。

さすがドキドキサバイバルです!

まぁ、現実であんな事されたら普通に嫌ですけど(笑)

そして告白の時の「好きだぜ」の声!

小野坂さんの真面目な感じがとっても素敵でした。


私のプレイ順は好きなキャラを最後にするというものなので、どんどんいい感じになってきました。

ホントに桃城は学プリの時もそうでしたけど、ゲームでは?素敵なんですよね。


海堂薫(CV:喜安浩平)

やっぱり海堂好みです!

桃海なら絶対海堂派です!

無口でそっけない感じだけど、優しい所が本当に素敵でたまりません!


「お前と一緒に …… この景色を見たかった …… 」ですよ!

あの海堂からこんなセリフが!

やっぱり海堂は個人的にかなり好みです!


EDでも「そ、それは …… ここじゃダメだ。人目がある。お前がいいんなら …… 」とは。

ああ海堂最高です!

EDのセリフ一つ一つに大興奮してしまいました。


橘桔平(CV:川原慶久)

橘さんは頼り甲斐があって素敵でした!

「安心しろ …… 俺がお前を守ってやるから」とか本気で素敵です。

告白時の「抱きしめても …… いいか?」には相当大興奮でしたよ!


EDもイチャつき過ぎだし(笑)

何なんでしょうか、あのEDは!!

橘さんは、キャラ的に素敵だと思っていましたが、予想通り外れなく素敵でした。


伊武深司(CV:森山栄治)

意外と?いいヤツで頼れるじゃないですか!

元々どちらかというと好きなタイプなのですが、更に見直しました。

糠みそ臭い女にだって余裕でなっちゃいたい位、伊武はいい感じでした。


そんな頼れる伊武ですが、日吉と伊武の「嫌みな二人」は必見です(笑)

この2人カワイイです。

意外にもいいコンビです!

日吉と伊武は嫌みな位がちょうどいいと思ってしまいました。


神尾アキラ(CV:鈴木千尋)

今回の神尾も今までの中で一番かっこよく見えました。

やはりサバイバルで頼れるというのが私の萌えポイントなのでしょうか?

でもUFOの時のセリフで「死ぬ時は一緒だ」には参りました。


あれはギャグですよね?

私の場合は笑いが止まりませんでした。

あと、EDのバカップルぶりも素敵で、同い年っていいなぁと思いました。

予想より、神尾編良かったです!


忍足侑士(CV:木内秀信)

忍足ってたぶんドキドキする方と笑っちゃう方と真っ二つだと思うんですよね。

私は全部とは言いませんがドキドキするけど、母はクサ過ぎて笑っちゃうって言ってましたし …… 。


で、忍足はやはり序盤から「可愛い手やったから、つい、な」とか「お嬢ちゃん、照れた顔可愛いで」とか普通に言ってきますからね。

ここでドキドキ出来るかがポイントかなって思います。


そして、極めつけは 「お嬢ちゃんをデコレーションしたるわ」です。

生クリームですよ(笑)

生クリームでデコレーションですよ 。

中学生なのになぜこんななんでしょうね(笑)

普通に攻略していて笑っちゃいました。


向日岳人(CV:保志総一朗)

岳人可愛かった!

笑顔にはホントにヤラれました。

さすが保志さん!


私は原作ではあまり岳人に思い入れがないのですが、ゲームは別です。

照れて目が泳いでる所とか、恥ずかしがってる所とか、ホントに可愛くて仕方がないんです!

告白もEDもカワイさ満点でした。


ノリのいい子の話題の時、ホントに忍足のお陰だと思って笑っちゃいました。

私にはできないノリツッコミを伝授してくれた忍足に感謝です。


日吉若(CV:岩崎征実)

さすが日吉!

ツンデレ万歳!

通常会話の中にまで「ツンデレ」という単語が出てきました(笑)


忍足のアドバイスのお陰で手を繋いだり、デートの時のあのセリフ!

「お前の今の顔が可愛かったんだよ …… 」

日吉はやっぱりツンデレです!

告白も意地悪な聞き方だし、なんてカワイイんでしょう!

日吉最高でした。


真田弦一郎(CV:楠大典)

さすが、立海はハズレがないです。

告白や名前呼びでかっこ悪い真田が可愛くて仕方がありませんでした(笑)

真田ファンはこういう所がいいんでしょうね。


で、真田編で一番のポイントは『幸村』でしょう!

真田が気付いてないのに、さらっと気付いてオマケにハンカチまで差し出してくれる所がこれまた最高です!

って私が幸村好きというのもあるので、真田ではなく幸村について熱く語っちゃいそうです。

真田も今までの作品の中で一番良かったです。


柳蓮二(CV:竹本英史)

普通に素敵です!

柳はやはり頼れる大人な?(中学生ですけど)感じでした。

主人公が悩んでいる時もどうしたら主人公が安心するか考えてくれます。


そんな柳が「ほら、あーんしろ」と言った時はどうしようかと思いました(笑)

まさかあの柳からこんな台詞が。


潜入ルートは相変わらず大好きで、好きなキャラが多いというのもありますが、柳が最後まで守ろうとする姿が最高です!

ですが、潜入ルートの最後の方の、不二が「クスッ …… それじゃ、始めようか。手加減をしないボクの実力、見せてあげるよ」と言ったとき、柳より不二にときめきそうになりました(笑)

好きなキャラが同じルートだと微妙ですね。


切原赤也(CV:森久保祥太郎)

赤也、やっぱり大好き。

さすが山麓編のラスト前までとっておいただけはあります!


EDヤバくないですか?

「いいの。俺はアンタだけを見てるんだから」ですよ!

森久保さんの声のこのセリフの破壊力ったらありません。

観覧車最高!


赤也は一番中学生っぽいし、だけどカッコいいし、ホントに良かったです。

全編を通じてあの慌てっぷりとサボリっぷりが可愛くて仕方がありませんでした。


仁王雅治(CV:増田裕生)

仁王編、最高です!

ハズレがなさ過ぎ。

学プリほどではないですけど、告白の時には声を出してしまいました(笑)

素敵過ぎです!!


そして、EDの観覧車でいい思い出って!

やはり仁王は大人です。※中学生だけど

デートの帰り際にあんなセリフを仁王から言われたら、私ならそれだけで悶絶すると思います(笑)

こっちが名残惜しくなりますよ。

これは好きな方が多いのではないでしょうか。


柳生比呂士(CV:津田英佑)

柳生良かったです。

意識イベントの柳生の同様っぷりがとっても可愛かったです。

告白も最後の質問は思いつかなかった!

ああ来るとは!!

意外(失礼)に素敵だと感じました。


あと、洋館イベントで「そして、だれもいなくなった …… 」発言にはビックリです。

さすがミステリー好きですね。

洋館イベントも夜中に入力していたので、少しドキドキしてしまいました。


Amazon 関連商品

参考になりましたら、シェアをお願い致します。

  

スポンサードリンク

当サイト内で記載されている会社名・製品名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断り致します。

Copyright © 乙女ゲーム攻略.com